2017/09/30

シネマ学院 建設責任者に聞く「親鸞聖人の教えを学べる世界に類のない施設」

映画で親鸞聖人の教えが学べる専門施設、「シネマ学院」(10月初旬オープン)の優れた設備について、建設の責任者に語ってもらいました。
いつまでも余韻に
最近の映画館は、大概ショッピングセンターなどと併設されています。

それは商業的な理由によるもので、純粋に映画を鑑賞するという観点に立つと、残念な点が幾つもあります。

一つには、名画ほどいつまでも余韻に浸っていたいものですが、最近の映画館は、一歩外に出ると喧騒に包まれ、たちまち日常に戻されます。

その点、シネマ学院は、同朋の里という静かな環境にあり、 映画を鑑賞した後も、長く感動に浸っていられると思います。

また、一般の映画館は、できるだけ多くの人を入れるため、席と席との間隔が狭く、肘掛けが隣と兼用だったり、最前列はスクリーンが近すぎて圧迫感があるなどの欠点があります。

この点も、シネマ学院はゆったりと鑑賞でき、最前列でも見やすくなっています。

映画はDVDやブルーレイで、ご家庭や会館などでも鑑賞できますが、映画館ではDCP(フィルムに替わるデジタルデータによる映画の上映方式)が使われており、これはブルーレイの10倍以上のデータが収まっています。

そのデータを完全にひらくことは、映画館用の映像・音響機材でなければできません。

シネマ学院には、最新で最高の音響・映像機材が導入されますが、それだけでなく、ホール自体が、映画のよさを最大限、引き出せるようになっています。
親鸞聖人の教えを学べる世界に類のない施設

中でも吸音性は抜群です。映画館はコンサートホールなどと違い、音を反響させない構造になっています。

反響すると、息遣いのような繊細な音が聞き取りにくくなったり、映像では野外の音が、屋内のような響き方になり違和感が生じます。

ホールの壁には普通の映画館の1・5倍の吸音材を使い、天井も音が跳ね返らぬよう、角度がつけられています。さらに空調や映像機材、トイレの音などの雑音が入らぬよう、徹底して遮音性を高めました。

また、後方の席は大きく段差がついているので、前の席の人たちの頭が視界に入りにくく、後ろでもスクリーンがすっきりと見えます。

シネマ学院は、親鸞聖人の教えを最高の映像と音響で学べる世界に類のない施設といえるでしょう。

※こちらの記事もご覧ください。

「シネマ学院」浄土真宗親鸞会 同朋の里に10月オープン

続きを読む »

親鸞会講座

最新の情報


Go Top