2007年05月28日

【親鸞会.net】家族や近所の人が集う「宝の山」

親鸞会.netに、反対していた夫の一言「聞法道場を造りたい」を掲載しました。

 親戚や近所の人、親鸞学徒の皆さんも集まってきた。奥さんの30年来の友達も2人、近隣から訪ねてきた。
 昨年の法事で、町内に宣伝し、法話をしたので、
「山本さん一家は、仏法と家族を大事にする、いい人ばかりだなあ」
と評判だ。近所からの参詣者が多いのもうなずける。

2007年05月22日

【プロジェクト2000畳】真剣な聞法の場を実現するLED

親鸞会公式サイトの「プロジェクト2000畳」に、[映像編]真剣な聞法の場を実現するLEDを掲載しました。
2000畳の大講堂の最後列に座っても、親鸞聖人のお言葉や、黒板の文字が、鮮明に見えるよう、大型映像が設置されています。

これからは、LED(発光ダイオード)の時代です。正本堂のLEDは、まさに時代を先取りした、最新鋭装置なのです。

どうぞご自身の目で、この素晴らしい映像を確かめてください。

2007年05月21日

【プロジェクト2000畳】大講堂のどこでも聞きやすい音響設備

公式サイトに、新たに「プロジェクト2000畳」の新連載を開始し、大講堂のどこでも聞きやすい音響設備を掲載しました。
2000畳の正本堂は、聞法(仏法を聞くこと)を最優先に設計されました。その建物の設計、設備に関するページです。

正本堂には、最新鋭技術の平面スピーカーが使われています。普通のスピーカーは、音が四方八方へ広がるのに対し、平面スピーカーは音が前だけに進み、減衰しにくい特徴があります。 例えば、20メートル離れると、普通、音量は4分の1に減りますが、平面スピーカーはほとんど音量が変わらない。小さな音でも、会場の後ろへそのまま伝わっていきます。


どうぞご自身で体感して下さい。

2007年05月11日

【親鸞会.net】「家族で聞きたい」反対していた夫の一言

親鸞会.netに、反対していた夫の一言「聞法道場を造りたい」を掲載しました。

「高森顕徹先生のビデオご法話を開催し、夫の念願もかなったことを喜んでおります」

 映子さんの申し出で、40畳の聞法道場は現在、法話を中心とした地域の行事にも活用され、喜びの場となっている。

2007年05月10日

【施設紹介】同朋の里|浄土真宗親鸞会

公式サイトに、施設紹介|同朋の里を掲載しました。
富山県射水市青井谷の丘陵に位置しています。
親鸞会館正面

2007年05月02日

【会員の声】大草原の風の説法

親鸞会 公式サイトの「会員の声」に、大草原の風の説法を掲載しました。

「大草原の遊牧民であろうと、高層ビルの並ぶ文明社会で暮らす人々であろうと、全く変わらないのが、仏教に説かれる後生の一大事です。蓮如上人の『白骨の御文章』を読んで、モンゴルには当てはまらないような個所は一つもないのですから」